「どうして手汗が止まらないの?遺伝だからかな…」と思ったことはありませんか?

実は、あなたが想像する通り、手汗と遺伝には関係性があると考えられています

ただ、「じゃあ、私の手汗は一生このままなんだ…」と考えるのはまだ早いです!

このページでは、手汗遺伝の関係性について紹介しているので、参考にしてみてくださいね♪

 

手汗は遺伝している可能性がある!

現在、手汗の原因は完璧には解明されていませんが、「手汗の原因は遺伝によるものだ!」という考えがあります。

このような考え方が存在するのには、以下のような理由があるから。

 

・人種によって、手のひらの汗腺の数に違いがあることがわかっている

・手汗の手術をした人の65%に家族歴(親も手汗をかく)があった

・佐賀大学の研究者が「手汗は単一遺伝疾患である可能性が高いことがわかった」と報告した(推測)

参考:原発性局所多汗症ガイドライン2015KAKEN

 

上記のようなデータや研究結果があるため、手汗の原因が遺伝にあると言われています。

実際、病院での手掌多汗症(手汗)の診断に「家族歴があるか?」という項目が使われているんです!

つまり、高い確率で手汗の原因の一つに、遺伝が関係していると言えそうですね!

 

手汗は性格の遺伝が原因!?

手汗は、「精神性発汗」という発汗形式が大きく関わっています。

精神性発汗とは、緊張したり不安を感じたりした時に手汗が出ることです。

つまり、緊張しやすい性格や不安を感じやすい人に、手汗がすごい人が多いということ…。

 

そして、性格は遺伝するとも言われています

脳科学では「ドーパミン」「セロトニン」「ノルアドレナリン」という物質が性格を決めると言われていて、その中の「ノルアドレナリン」が活発だと緊張しやすい性格になるとされています。

厄介なことに、ノルアドレナリンが活発な体質は、遺伝する可能性があるそう。

 

もし、緊張しやすい性格が遺伝していたとしたら、成長過程の何かがきっかけで手汗が出るようになったのかもしれませんね。

ただ、ノルアドレナリンが活発な体質を遺伝していたとしても、全ての人に手汗が遺伝するかどうかはわかっていません。

 

手汗の原因が遺伝の場合、諦めなければいけないの?

手汗の原因が遺伝だからといって、手汗を止めることを諦める必要はありません。

なぜかというと、手汗の治療は遺伝子ではなく、手の汗腺自律神経、さらには精神面に対して行うものだからです。

実際に、遺伝子に働きかけなくても、手汗を止める効果が証明されている治療があるんですよ♪

具体的には以下のようなものがあります。

✅ 制汗剤

✅ イオントフォレーシス

✅ ボトックス注射

✅ 手術

✅ 心理療法

✅ 飲み薬

✅ レーザー治療

上記の治療は、全て遺伝子に働きかけるものではありません。

ですが、これらの治療で手汗が止まった人は多いんです♪

なので、遺伝が原因でも、手汗を止めることを諦める必要はありませんよ!

手汗を本気で止めるための9つの治療法

 

こちらの記事も人気です】

手が大好きになる!手汗用制汗剤おすすめランキング!