「最近、なんだか手汗が増えてきたわ…」

もしかしたらその手汗、更年期障害が原因かも

更年期障害は自律神経失調症の一つで、45~55歳の女性に多く起こります。

様々な体の不調が起こり、手汗がたくさん出てしまう人も。

 

この記事では、「更年期障害が原因で手汗が出ているのかも…」と不安を感じている方に、更年期障害の原因や症状、治療法、手汗対策までをご紹介します。

 

更年期障害と手汗って関係あるの?原因は?

実は、更年期障害と手汗には関係があります

なぜかというと、更年期障害になると女性ホルモン(エストロゲン)が減少し、自律神経のバランスを乱すから。

自律神経は、呼吸や消化、発汗をコントロールする生命維持に欠かせない神経で、「交感神経」と「副交感神経」という2種類の自律神経のバランスが崩れることで、体に様々な不調が起こります。

そして、自律神経のうちの交感神経が活発になると、手汗がたくさん出てしまうんです

実際、更年期障害の症状として「異常な発汗」というものもあり、手汗も例外ではありません。

特に、40代以降から手汗が気になり出した方は、更年期障害を疑う必要があります!

 

もしかしたら更年期障害かも!?症状をチェックしよう!

では、今度はあなたの手汗の原因が更年期障害によるものなのかをチェックしてみましょう!

チェックするには、更年期障害の症状と照らし合わせてみる必要があります。

以下の症状に当てはまるものが多い場合、手汗の原因は更年期障害かも。

身体症状

顔がほてる(ホットフラッシュ)

胸の痛み・動悸

めまい・ふらつき

発汗異常

倦怠感・疲労感

肥満・痩せ

頭痛

頻尿・尿もれ

抜け毛・薄毛

吐き気・嘔吐

月経不順

腰痛・肩こり

乾燥肌

精神症状

イライラ

不安感・うつ

睡眠障害

このように、更年期障害には全身の症状や精神的な症状がたくさんあります

もし、あなたが更年期障害の症状にいくつも当てはまる場合は、病院で血液検査をしてもらいましょう!

また、更年期障害の症状にいくつも当てはまるからといって、「更年期障害なんだ!」と決めつけてしまうのは危険です。

他の病気(悪性疾患・甲状腺疾患等)が絡んでいる可能性もあるので、必ず病院を受診してください。

婦人科が一般的ですが、内科でも検査をしてもらえることができます。

 

逆に、ほとんど当てはまることがなく、手の汗だけが気になる場合は「手掌多汗症」の可能性が高いです。

手掌多汗症とは、運動も緊張もしていないのに、手のひらだけに汗をかいてしまう症状を言います(全身症状などはありません)。

命に関わることはありませんが、恥ずかしいなど、精神的に辛いことがあります。

手掌多汗症の原因と対策方法はこちら

 

更年期障害を緩和させるには?

ここからは、更年期障害の症状を緩和させる方法を紹介していきます。

病院でしかできないものから、自宅でできるものまで様々なので、参考にしてくださいね♪

ホルモン補填療法

更年期障害は、エストロゲンという女性ホルモンが減少することによって起こります。

そのため、エストロゲンを体内に注入することで症状が緩和するんです。

実際、病院での更年期障害治療の第一選択肢として今も行われています。

治療を受けるには、病院で「更年期障害ですね」と診断してもらうことが必要。

治療方法は、注射パッチ薬飲み薬がありますよ♪

まずは婦人科を受診してみましょう!

エクオールを摂取する

更年期障害は、エストロゲンの減少が原因であり、エストロゲンを注入することで症状が緩和するとお話ししてきました。

ですが、「エクオール」という成分も、更年期障害の症状(骨粗鬆症、めまい、顔のほてり等)が緩和させてくれます

なぜかというと、「エクオール」はエストロゲンと似たような働きをするから。

詳しい働きについては、医学的で難しいので割愛させていただきますが、簡単にいうと、エストロゲンが不足した部分にエクオールが入り込み、エストロゲンの機能を一部補ってくれるんです。

日常生活に大きな支障がないという、軽めの症状の方にはエクオールがいいかもしれませんね!

 

また、エクオールは大豆イソフラボンを摂取することで体内で作ることができるのですが、エクオールを作る腸内細菌を持っていない人は、いくら大豆イソフラボンを摂ってもエクオールを作れません

しかも、女性の2人に1人はエクオールを作る腸内細菌を持っていないんです。

そのため、エクオールを摂る場合は、サプリメントが確実です。

1日分のエクオールを簡単に摂れるサプリはこちら

食生活を見直そう!

更年期障害の症状を緩和させるには、「ホルモン」「自律神経」に作用する栄養素を摂ることが不可欠!

そのため、以下のような栄養素を、毎日意識的に摂るだけでも更年期障害の症状が緩和できるそうですよ♪

 


 

✅ ビタミンE:かぼちゃ・アボカド・ナッツ等

✅ ビタミンB1,B12:豚肉・レバー・あさり等

✅ ビタミンC:レモン・イチゴ・ほうれん草等

✅ 亜鉛:牡蠣・レバー・ごま等

 


 

逆に、揚げ物マーガリンケーキなどは、「トランス脂肪酸」という悪い成分が多いので、更年期障害の方は避けたほうが良いようです。

ウォーキングをしよう!

ウォーキングをすることで、更年期障害の一部の症状が緩和することがわかっています

具体的には、顔のほてり(ホットフラッシュ)が緩和されるそう。

ホットフラッシュは、血流と心拍数が増加するため、動脈硬化につながる怖い症状!

ウォーキングをすると血圧と脳内血流が低下し、ホットフラッシュの症状を緩和できるということが、イギリスの大学の研究結果でわかりました。

1日30分、週5日、夕食後にやるのが効果的だそう♪

 

また、エストロゲンが減少すると、骨粗鬆症にもなりやすいです。

そんな時も、ウォーキングをすると骨に刺激を与えることができ、骨が強くなるので、骨粗鬆症の予防にもなりますよ♪

もちろん、ダイエット効果もあるので生活習慣病も予防できます!

こんなに簡単なことで動脈硬化や骨粗鬆症を予防できるなら、ウォーキングをやらない手はないですね!

 

もし、とにかく手汗が気になるなら…。

ここまで、更年期障害と手汗に関する情報をお伝えしてきましたが、「とにかくまず、手汗をなんとかしたい」という方もいるかと思います。

確かに、手汗が出ていると、生活の様々な場面で恥ずかしい思いをしたり、支障が出ますよね?

そんな方には、手汗用制汗剤がおすすめ♪

【手汗用制汗剤のメリット】

1. 手汗を手軽にしっかり止められる

2. 病院に通う必要がないから楽チン

3. 1,000円~の制汗剤もあり財布に優しい

4. 肌に優しい成分が使われていて安心

5. 持ち運べるからいつでも使える

 

このように、制汗剤で手汗対策をするのは良いことだらけ!

「短期間で確実に手汗が出ないようになりたい!」という方におすすめです♪

具体的には次のような制汗剤があります。

※ワキ用の制汗剤は効果がないので使わないことをオススメします。

テサラン

テサランはクリームタイプで、今もっとも人気の制汗剤♪

手汗を止める効果はもちろん、圧倒的なコストパフォーマンスが人気の秘密です!

他の制汗剤より安く3倍長持ちで、大手通販会社でも6冠を獲得♪

私もこれを使っているのですが、ハンドクリームのように1日3回程度つけるだけで、しっかりと手汗を止めてくれるので、今では手放せません。

テサランの公式ページはコチラ

フレナーラ

フレナーラはジェルタイプの制汗剤なので、手にとても馴染みやすくて効果が高いです♪

いつでも手汗を止められるし、デザインも女性向けで可愛いから、人目も気になりません!

また、自然由来の肌に優しい成分がふんだんに使われているので、肌が弱い方にも嬉しいですよ♪

私が使った感覚では、かなり長時間手汗を止めてくれるので、「何度も制汗剤を塗るのはめんどくさい」という方にもおすすめです。

フレナーラの公式ページはコチラ

フレナーラの使用感や口コミを確認する方はコチラ

デトランスα

デトランスαは海外製の制汗剤で、圧倒的な制汗力が魅力です。

実際、病院で処方される制汗剤と同じ成分で、濃度も病院のものより高く、よく効きます♪

使い方は、夜寝る前につけるだけなのでとっても簡単!

ただ、肌への刺激が強いので、「絶対に肌荒れしたくない人」は避けた方が良いでしょう。

デトランスαの公式ページはこちら

デトランスαの使用感や口コミを確認する方はこちら

ファリネ

ファリネはパウダータイプで、つけた瞬間から手がサラサラになる「即効性」が魅力♪

また、パウダーだから使い心地が気持ち良いのも嬉しいところ!

「恋人と手をつなぐ時だけ手汗を止めたい」「運転する時間だけ手汗を止めたい」「楽器を弾く時間だけ、水分を避けながら手汗を止めたい」という方に向いています。

制汗効果は少し弱めですが、肌に優しいのも使いやすいです♪

ファリネの公式ページはコチラ

ファリネの使用感や口コミを知りたい方はこちら

 

更年期障害の症状があってもなくても、手汗用制汗剤で手汗を止めることができます。

簡単に手をサラサラにすることができるので、「とにかく手汗を止めたい!」という方は試してみてくださいね♪

 

【こちらの記事も人気です】

手が大好きになる!人気の手汗用制汗剤おすすめランキング!