「手汗がひどいから、ネイルサロンに行くのが恥ずかしい…」こんな風に考えていませんか?

たしかに、ネイルサロンでは手を触られるので、とても不安を感じますよね?

だからと言って、自分では上手くネイルできないし…。

 

私も手汗がひどく、ネイルサロンへ行くのには毎回あなたと同じような不安を感じていました。

ですが、ネイリストさんに相談したり、ネイル用の手汗対策をすることで、以前よりネイルサロンに行くことを楽しめています♪

この記事は、私のように「手汗がすごいけど、ネイルサロンには絶対行きたい!」という本気の方向けの記事です。

簡単にできる5つの対策を実践すれば、今より確実にネイルを楽しめますよ♪

 

ネイリストが語る!手汗に関する2つの事実。

まず、手汗が気になる人に「ネイルサロンへ行く前に知っておいてほしいこと」が2つあります。

それは、ネイリストさんが教えてくれた手汗に関する2つの事実。

私はこれを知って、「ネイルサロンに行くことを諦めなくていいんだ!」と気づきました。

ネイリストは手汗に慣れている

実は、ネイルサロンのお客さんで手汗がひどい人はたくさんいます。

「日本人の5%は手汗の悩みを抱えている」と言われるほど、手汗をかく人は多いんです。

そのため、ネイルサロンにも手汗のお客さんは多く、ネイリストさんも手汗を特別なものとは思っていません

【ネイリストさんの声】

◎3年ネイリストしてたけど手汗ひどい人もいっぱい居ましたよー
やりにくいのは確かですがセロテープで補強したりしますし気にしなくて大丈夫です!

◎ネイリストですが、気にしないでください。手汗が酷いと施術しにくい事もありますが、色んな人がいますので、ネイリストはさほど気にしてないですよ。ネイル楽しみましょうね。

引用:mama-sta

このように、ネイリストの方は手汗を気にしていません。

もちろん、施術がやりにくいといったことはあるようですが、ネイリストさんは慣れているので上手に対応してくれますよ♪

手汗をかくことを事前に申告するだけで素敵なネイルになる♪

ネイルサロンで施術を受ける方で、手汗を隠そうとする人も多いです。

ですが、手汗を隠すことは逆効果!

ネイルをしてもらう時は、手汗を申告した方が良いことがたくさん♪

実際、ネイリストさんも手汗をかくことを事前に伝えてもらう方が助かるそうなんです!

それには3つの理由があります。

 


 

1. 手汗の人向けの最適な道具を使える

2. 手にタオルを巻くなどの対応ができ施術しやすい

3. 手汗の方向けの「ネイルを美しく保つ方法」を伝えやすい

 


 

ネイルサロン側は、手汗をかくお客さんのことを必ず想定しています

つまり、手汗をかくお客さんに最適な方法でネイルをすることができるということ♪

 

事前に手汗を申告しておけば、手汗の方専用のフォーム(指にまくやつ)を使ったり、「カルジェル」などの剥がれにくいジェルを使ってくれることもありますよ!

さらに、手を支えてもらう時に手汗で滑りやすい場合も、先に手汗のことを伝えておけばタオルを巻いて施術ができ、ネイルがしやすいそう!(申告してもらえないとタオルを巻きにくい)

 

また、手汗のことを申告してもらえないと、ネイリストさんも「手汗には触れないほうがいいのかな…」と気を遣い、「ネイルが剥がれやすい理由」などを説明するのに困るそう。

手汗を事前に知っていれば、「汗がネイルに入り込んで剥がれやすいので、こういう方法でしっかりケアしてくださいね♪」とネイルを美しく保つ方法も伝えやすくなります。

 

そして、ネイリストさんが仕事をしやすくなるということは、あなたが求める美しいネイルになるということです♪

つまり、ネイルをしてもらうときは、手汗のことを申告することが大切!

上で紹介したように、ネイリストさんは手汗を気にしていないので、恥ずかしがらずに勇気を出して伝えてみましょう♪

 

✅ あなたが思うほどネイリストさんは手汗を気にしていない

✅ 手汗を事前に申告するだけで最高のネイルになる

このたった2つの事実を知っているだけで、とても気持ちが楽になりますよね♪

手汗をかいていても、ネイルサロンに行くことを諦める必要はなく、可愛いネイルを楽しめます!

 

不安とさよなら!ネイルサロンに行く前にやっておくべき5つの手汗対策

ここまでで、「手汗をかいていてもネイルサロンに行くことができる」ということがわかったと思います。

今度は、ネイルサロンに行く前にやっておくべき手汗対策を紹介しますね!

事前に手汗対策をしておけば、手汗のことを不安に感じずにネイルサロンに行くことができて、安心です♪

手汗用制汗剤で手汗を減らそう!

手汗対策として人気なのが、「手汗専用の制汗剤」

医学的に効果を認められた制汗成分で、手汗を止めてくれるんです♪

使い始めて2~4週間くらいで効果が出てくるので、ネイルサロンに行く1ヶ月前から制汗剤を使っておくと安心♪

もちろん、ネイルサロンに行く直前に使える制汗剤もありますよ!

私は「テサラン」という制汗剤を継続して使っていますが、今では多くの時間で手がサラサラ♪

ネイルサロンに行くのも全く怖くなくなったんです。

最近は、手汗専用の制汗剤も増えているので、あなたの肌にあったものを選んでみてくださいね♪

厳選!手汗用制汗剤おすすめランキング!

手汗に効くツボでリラックス♪

手汗に効くと言われているツボがあるのをご存知ですか?

それが「合谷(ごうこく)」「労宮(ろうきゅう)」「後谿(こうけい)」

画像の赤い点の部分を、5秒押して5秒離すだけと、どこでもできる簡単な手汗対策です!

「副交感神経」というリラックスできる神経を刺激することができて、手汗にも効果的♪

ネイルサロンに行く前に、じっくりとツボを刺激してみましょう!

手汗に効くツボの詳細はこちら

反側発汗を利用して手汗を止めよう!

体には「反側発汗」という、バストトップの少し上を圧迫すると、上半身の汗が出なくなる機能が存在します。

実際に、舞妓さんは帯を胸のあたりできつく締めていて、上半身の汗が出ないようにしているんです。

もちろん、手は上半身なので、理論的に手汗を止めることができます♪

ネイルサロンに行く間だけでも良いので、下着の上から帯を巻いてみるのはどうですか?

専用のアイテムも販売しているので、気になった方は確認してみてくださいね!

汗止め帯の詳細はコチラ

予期不安を克服しよう!

「運動も、緊張もしていないの手汗が出る…」という経験はありませんか?

もしかしたら、それは「予期不安」が原因かもしれません。

予期不安とは、あるシチュエーションに直面すると手汗を心の奥底で連想し、不安を予想してしまうこと

「ネイルサロンに行く」=「手汗で恥ずかしい思いをするかも」という、潜在意識があなたの中にあるのかも。

そんな時は、「手汗なんてどうってことない!ネイリストも気にしてないんだし♪」と意識する習慣をつけておくと良いですよ♪

時間はかかりますが、予期不安を克服するよう努力しましょう!

 

また、「ネイリストさんを毎回同じ人にする」というのも、予期不安に効果的♪

「手汗のことを知ってくれている」という安心感があるので、予期不安を感じにくくなります。

実際、「何度も来ているお客さんは、慣れてきたからか手汗がだんだん減っていた」という情報もあります。

気に入った方が見つかるまでは大変かもしれませんが、諦めずに探してみてくださいね!

ネイルサロンに行く2時間前には食事を済ませておこう!

食事をした後に、汗をかきやすくなるということをご存知ですか?

これは、「食事誘導性熱代謝」と言われる体の反応が原因で、食べたご飯を消化する時に体温が上がります。

体温が上がるということは、汗をかきやすい状態になるので、手汗も出やすくなります。

「食事誘導性熱代謝」は食後2時間程度でおさまるので、ネイルサロンに行く2時間前には食事を済ませておきましょう!

ネイルサロンに行く前の手汗対策まとめ

1. 手汗用制汗剤を使う

2. 手汗に効くツボを押す

3. 反側発汗で手汗を止める

4. 予期不安を克服する

5. ネイルサロンに行く2時間前に食事を済ませる

 

いかがでしたか?

「手汗をかくからといって、ネイルサロンに行くことを諦める必要はない」ということを、お分りいただけたかと思います。

ネイルサロンに行く時は、手汗に不安を感じすぎる必要はないということですね♪

今日からネイルサロンに行くための事前対策を実践し、可愛いネイルで毎日をもっと楽しんじゃいませんか?♡

 

【まずは手汗用制汗剤を探してみる!という方はコチラ】

手汗に効く!手汗用制汗剤おすすめランキング!