973d1c8895ab71cd16a7276231fb175d_s

手汗を止める手術があることを知っていますか?

手術で手汗から救われる人はホントに多いんです!  

 

ここでは、手汗を手術で治療しようと考えている方向けに、手術の効果や費用、副作用などを紹介しています。

大きな問題もあるので、治療を受ける前に必ず確認してくださいね!

手汗を止める手術「ETS手術」ってなに?

woman-687560_640

今主流となっている手汗の手術は「ETS手術」というもの。

これは、簡単に言うと「手汗を出せ!」と命令する神経を脇の下から取る手術です。  

手術方法は、脇の下を3~5ミリ開いて、そこから内視鏡というカメラと電気メスなどを入れて手術します。

 

手のひらの汗腺に命令する神経は、脊髄から出る神経の位置が頭に近いものからTh2、Th3、Th4と呼び、現在手術で切除するのはTh3Th4が主流です。

これを取ると手汗が止まります。不思議でしょ?  

 

手汗を手術で治すメリットは〇〇にあり!

woman-591576_640

手術を受ける1番のメリットは完全に手汗を止められること。

何度も治療を受ける必要がないので、1度手術をしたら手汗から解放されるんです♪

 

また、症状の重い手汗(レベル3)にも対応できるので、制汗剤などでは効果が感じられなかった人にも、本当に救いになる治療です。

なんと、90%の人が「思い切って手術をして良かった」と言っているそう。

 

しかし、手術では辛い副作用もあるので、最後まで確認してから受けるかどうか決めてくださいね!

 

※手汗レベルについては以下を参考にしてください。

レベル1 手が湿っている程度。触ると汗ばんでいることがわかる

レベル2 手に水滴ができる。見た目にも汗をかいているとわかる

レベル3 多くの水滴ができ、水滴が手から滴り落ちる

 

手汗の手術を受ける人はどんな人!?手術を受ける目安

「どのくらいの症状の時に手術適応になるんだろう?」という疑問があると思います。

 

答えは「手汗が気になるなら手術適応」。  

症状が強くなくても手掌多汗症の症状があり、「手術を受けたい」と医師に申請し、OKが出れば受けることができます。

また、以下に当てはまる人は手術を考えた方が良いと思います。  

 


 

手汗で日常生活に支障が出る人

手術以外の全ての治療で効果がなかった人

手汗を根本から治したい人  

 


 

※手掌多汗症の診療ガイドラインには、「塩化アルミニウム(制汗剤)やイオントフォレーシス(電気療法)を試し、効果が見られなかった場合に手術を推奨するべき」ということが記載されているので、必ず手術を受けられるという保証はありません。

 

 

手術費用は思ったよりもお手頃価格!

bank-note-209104_640

手術というと「高そうだから手が出しづらい」とお金を気にして諦めてしまう方もいますよね?

ですが、ETS手術は健康保険適応なのでそんなに高くないんです。

 

手汗の手術にかかる費用は10万円程度

長年の辛くてどうしようもなかった悩みが、10万円で解決できるなんて嬉しいですよね♪

 

また、「高額療養費制度」にも適応するため、ここからさらにお金が返ってくる場合も。

「高額療養費制度」を利用する場合、手術前申請か手術後申請かを選択することができるので、手術を受ける病院で確認してみてくださいね!  

 

治療後の手術痕は全く気にならない!

手術痕

「手術痕ってどのくらい残るのかな?」って気になりますよね?

特に、女性の方や薄着になる夏なんかは気を使います。

 

ですが、ETS手術では手術痕が全く気になりません!

画像の矢印が手術痕なのですが、矢印がなければわからないレベルなんです♪  

脇の下を3~5ミリ開くだけなので、手術痕が気になる人はほとんどいないそうなので安心ですね♪    

 

必見!ETS手術の副作用を知っておこう!

hands-1044882_640

手汗を完全に止めてくれるETS手術ですが、副作用で「代償性発汗」があります。

代償性発汗とは、手汗を止めるために神経を切除する影響で、他の部位から汗が大量に出てしまうものです。

実は「手汗の方がマシだった…」なんて方もいるくらい深刻になることも…。  

 

そして、副作用の代償性発汗は必ずではありませんが、ほぼ100%起こります

どれくらい代償性発汗が出るかは個人差があり、手術前に代償性発汗が起こるかどうかの判断をすることはできません。

今のところ、賭けに近い感じになってしまいます。

 

また、手汗が出ない影響で、手が乾燥し、ひび割れに悩む方もいるそうです。

 

もちろん、「代償性発汗があまり出なくて、手術して良かった」と感じる人もたくさんいます。

また、代償性発汗は何もしなくても汗が大量に出るものではなく、運動をしたり、暑い環境にいる場合などの限定した時にだけ起こるものということも知っておいてください。

運動を激しくせずに、暑い環境を避けるなどをすれば、代償性発汗をあまり気にせず生活することもできるそうです。

 

※代償性発汗は「リバーサル手術」で治すことができるそうです。ただ、日本では保険適応じゃないから高額になることと、リバーサル手術を行うことができる病院が極端に少ないことは知っておきましょう。

 

手術を受けても手汗は再発する…!?

people-314481_640

手術を受けても、手汗が再発する可能性もあります。

再発率はかなり低い(5%程度)ですが、一応知っておきましょう!

 

代償性発汗が起こる上に手汗が再発したら、本当に泣きたくなりますよね?  

実際に、ETS手術の裁判も起こっていて、ちょっと怖い面もあります。

 

そして、裁判を起こした人は特に20代~30代の人が多いよう。

まだ長い人生があるので、代償性発汗に悩まないよう慎重な判断が必要です!  

若い方は、他の治療を試してからでも遅くはないかも。

 

手汗を止めるなら、まずは手汗用制汗剤などの手軽で副作用のないものから試すのがおすすめです。

厳選!手汗に効く制汗剤おすすめランキング♪

 

また、手術と同じ効果を期待できて、代償性発汗が起こらない治療もあるので、気になる方は確認してくださいね!

 

【今注目されている治療法を確認しますか?】

手術と同じ効果!?新しい治療法「ビューホット」とは?    

 

 

あなたはどっち?ETS手術の選択肢

success-1123017_640

ETS手術をする際は医師と良く相談して、手術方法を慎重に判断する必要があります

なぜかというと、手術方法によって効果や副作用に違いがあるから。

手術方法の選択肢としては以下のようなものがあります。  

神経を完全に取る方法

この方法は、神経を完全に摘出してしまうため、手汗が完全に止まります。

一方で、代償性発汗に悩んだ場合でも修復することができません。   

神経の機能を止める方法

こちらは、神経をクリップで留めることで「汗を出せ」という指令が伝わらないようにします。

代償性発汗が気になったら、代償性発汗も止めることができます(絶対ではない)

ただ、手汗も当然元に戻ります。 

 

「手汗が止まるなら代償性発汗なんて気にならない」という人もいれば、背中や太ももからの大量の汗に悩んでしまう人もいるので、どちらを選択するかはとても重要になります。

病院によって手術方法は変わってきますが、担当医としっかり相談してから決めてくださいね。

ETS手術でもう一つの重要な選択肢

もう一つ大事な選択肢があります。

それはTh3の神経を取るかTh4の神経を取るかです。

これは、Th3の方が手のひらの汗腺に強く影響を持ち、Th4は若干影響力が弱いという違いがあるから。

※Th4ならほとんど代償性発汗が出ない!ということではなく、個人差があります。

 

  手汗 代償性発汗
Th3を取る 完全に止まる 強めに出る
Th4を取る ほぼ止まる あまり多く出ない

 

Th4を取るのが推奨されていますが、それで満足できなかった人はTh3を取ることもあるそうです。

また、医師によって見解も分かれていて、「Th3、TH4両方切除しても代償性発汗の症状に変わりがない」と説明されることもあります。

どちらが良いと言える段階ではないですが、このような選択肢があることも知っておいてくださいね!

これも医師とよく相談しましょう!  

 

ETS手術にかかる時間・日数

alarm-clock-590383_640

手術の所要時間は、約10分〜20分程度

全身麻酔で寝ている時間や、各種検査、手術の説明などを含めても、1~4時間あれば終わってしまうそうです。  

 

また、基本的に入院する必要はありません

日帰りで手術を受けられ、入院しても1日でしょう。

病院にもよりますが、6割の方が日帰りで手術を受けるそうです。

入院する場合は部屋代等がかかるため、1万円程度高くなります。  

 

ETS手術は何科で受けられるの?

hospital-908436_640

手汗の手術をする時に受診する科は皮膚科が一般的。

他にも、形成外科や外科、麻酔科が診療対象としていますが、手術を受けられるかどうかはその病院によって違います。

必ず確認してから受診しましょう。

 

私のオススメは「手汗治療を専門に診療している病院」です。

手汗の専門家なので、理解されにくい手汗の悩みも理解してくれて、安心できます。

※五味先生という汗専門の医師がやっている診療所があります。参考にしてください。コチラ⇒

 

「精神的な問題だから…」と精神科に行ってしまうと、手術が受けられず、薬を処方されて終わってしまいます。

手術を受けたい方は、精神科は避けるようにしましょう!

 

ETS手術を受けた人の口コミ

手には100%効果があります。

手術経験者から言わせてもらいますが、100%効果のある部位は手だけです。足や脇などは逆に増加する場合もあるし、術後は減少しても何年かすれば手以外は増加する場合もあります。それと代償性発汗は進行性なので年々ひどくなります。(想像以上に)

手術後は汗が止まり感動しましたが…

手だけのETS手術を左右7,8年前におこないました。手術をして麻酔から目覚めた瞬間から汗はぴたりと止まり感動しました。しかしそれから全身の体調がおかしくなり、息切れや胸や背中の痛みなどに苦しんでいます。それと今まではそんなにひどくなかった背中やおしりや太ももからの汗は確実に増えました。そして今現在、手の汗は復活しつつあります。

安易に手術を受けた事を後悔している

手の汗が非常に多かったので交感神経を遮断するETS手術を受けました。医師からの事前の説明ではある程度、汗が抑えられるとの事でしたが全く汗が出なくなり新聞や雑誌等がめくれません。代償発汗により胸囲の真ん中と背中の一部だけ異常に汗が吹き出し普段の生活に影響をもたらせてます。一番の悩みは下肢と腕のひじから手にかけて冷えによる痛みが術後に生じ苦しんでます。安易に手術を受けて非常に後悔してます。

 

ETS手術の口コミは、あまり評判の良いものがありませんでした。

代償性発汗は個人差がありますので、医師と良く相談してから手術を受けるかを決めましょう!  

 

【手汗を完治させる他の治療も見てみますか?】

手術と同じ効果!?新しい治療法「ビューホット」とは?

 

 

手術はちょっと怖いかも…と感じた方へ。

手汗の手術はどうでしたか?

手汗を完全に止めることができれば、気持ち良く生活できそうですよね♪

 

ですが、私のように副作用が怖いという人も多いハズ。

もしも手術にちょっとでも不安を感じたなら、手汗用制汗剤を試してみませんか?

 

実は、最近は以前と違い「手汗用制汗剤」の種類が増え、あなたに合ったものを選ぶことができるんですよ♪

例えば以下のようなものがあります!

 

✅ 病院で処方される制汗剤よりも効果が高いもの

✅ 肌荒れしないように徹底的にこだわったもの

✅ 手を洗っても効果が持続するもの

✅ 1日28円程度の費用しかかからないもの

 

このように、年齢や手汗の症状、肌の質などから、自分にピッタリの制汗剤を選ぶことができます。

今まで何も手汗対策をしたことがない方が、いきなりリスクのある治療を選ぶのはおすすめできません。

まずは、他の対策で手汗を止められるかを試す方が安心ですよ♪

以下のページに、手汗に効果があった制汗剤をまとめてあるので、気になった方は確認してくださいね♪

 

【手汗用制汗剤を探しますか?】

手汗に効く!おすすめ制汗剤ランキング!へ進む