07a55d22397124d16ba5231ec8288f85_s

一般的にボトックス注射は顔のシワやたるみ、筋肉の痙攣などの治療に使われることが多いのですが、実は手汗を止める効果があるってご存知ですか?  

 

ここでは、ボトックス注射で手汗を止めるための治療費用や効果、副作用などを紹介していきますね!  

 

手汗を止める「ボトックス注射」ってどんな治療?

手汗、止まる?

ボツリヌス菌(A型ボツリヌス毒素)を手のひらに注射する治療を一般的に「ボトックス注射」と言い、手汗治療の中で医師が最も推奨する治療法です。  

 

手汗は、交感神経から放出される「アセチルコリン」という物質を、汗腺の受容体(物質を受け取る場所)が受け取ることで情報伝達され、手汗が出ます。  

 

しかし、ボツリヌス菌は交感神経からのアセチルコリンの放出を阻害する作用を持っているため、手汗を止めることができるんです!  

 

ボトックス注射はこんな人向けの治療です!

✅手がサラサラの状態を半年くらいキープしたい人

✅手汗の治療にお金をかけられる人

✅制汗剤で効果を感じられなかった人

✅手術は受けたくない人

✅注射が苦手じゃない人  

 

ボトックス注射の効果は?どのくらい持続する?

hourglass-620397_640

ボトックス注射の手汗への効果は、3〜6ヶ月程度持続すると言われています。3~6か月経つと、ボツリヌス菌が体外に排泄されるようです。  

 

そのため、効果が切れ、手汗が出るようになったらもう一度ボトックス注射を受ける必要があります。もちろん、効果が切れる直前にボトックス注射を受けることも出来ますよ!  

 

また、効果の個人差もあるそう。人によって、汗腺の数が違うなどの理由から、効果を強く実感するか、そこまで実感出来なかったかの差が出るようです。  

 

さらに、医師の腕も実は関係あるのだそう。注射の適切な密度と深度と濃度が重要らしいのです。経験豊富な医師を探すのが、高い効果を持続させる一番の方法かもしれませんね!  

 

ボトックス注射に副作用はある!?

drugs-1276787_640

ボトックス注射の成分であるボツリヌス菌は、自然界最強の毒性を持つと言われています。その証拠に、イラク軍が「生物兵器としてボツリヌス菌を使おう!」と考えていたほど。  

 

ですが、そこは心配ご無用!ボトックス注射では、無害な成分だけを適正量注入するので安心です。つまり、副作用はありません。   だから、心配せずにボトックス注射で手汗の治療をしてくださいね!    

 

手汗治療のボトックス注射は値段が高い!

fall-163496_640

ボトックス注射というと、値段が高いとよく言われていますよね?実際は…高いです笑 ボトックス注射は健康保険が使えません。  

 

そのため、自費診療となり窓口での負担額が10割になるので、値段が高くなります。一般的に、一回7万円〜10万円ほど(診察代は別の場合も…)。これを継続するのはちょっと大変。  

 

「高額療養費制度は使えないの?」と思った方もいるかと思いますが、高額療養費制度は、健康保険適応の治療にしか使えません。なので、ボトックス注射の費用は今の所この金額となります。  

ボトックス注射の費用を安くする裏技

「ボトックス注射じゃなきゃ嫌だ!でも費用は抑えたい!」なんて方は、毎回注射を打つ病院を変えるのが良いかもしれません。  

 

というのは、初回は特別価格で安くしていることが非常に多いから。毎回初回割引を受けられる病院に行くことで、1回5万円くらいでボトックス注射を受けることができます。これなら費用を少し抑えられますね!  

 

※病院に「ボトックス注射を×月×日に別の病院で受けました」と伝えるましょう。何があるかわからないからです。また、使っている薬剤が違うこともあるため注意してください。効果が弱いものを使っている病院もあります。この方法はあまりオススメできませんので、自己責任でお願いします。

 

ボトックス注射は痛いって本当!?

people-314481_640

ボトックス注射は、1回の治療で手のひら、指先など何箇所にも注射をします。そのため、痛いです。しかも、基本的に無麻酔(お願いすれば麻酔をしてくれるらしい…)。  

 

ただでさえ痛みに敏感で、注射が昔から苦手な方にはちょっと辛いかも…。    

 

私は「値段が高いこと」「注射が怖いこと」を理由に、ボトックス注射は受けていません。それでもどうしても手汗を止めたかった私は「手汗用制汗剤」を選びました。

 

どんな手汗用制汗剤があるか気になる方は、下のページを確認してみてくださいね♪

 

※こちらをクリック!

おすすめの手汗用制汗剤ランキング!へ進む

 

 

ボトックス注射の手汗治療の流れ

doctor-563428_640

病院によって異なりますが、手汗のボトックス注射を受けるまでの流れを簡単に紹介します。   まず、病院に連絡をいれ予約します。そして、病院で医師の診察を受け、医師の話を聞いた上で納得できた場合、その場で治療が始まります。  

 

注射の痛み軽減のために冷却してくれるなどの配慮をしてくれたり、痛みに弱い人は麻酔をかけます。そして、注射。終わり。   大体、治療は10分程度で終わることが多いようなので、気軽に治療に行けますね!治療後3〜7日目くらいで効果が現れるようです。    

 

手汗のボトックス注射はどこで受けられるの?

hospital-908436_640

私たちを悩ます手汗ですが、一般的にはメジャーなものではありません。そうなると、どの診療科で治療してくれるのかわからないですよね?  

 

一般的に、手汗のボトックス注射は、皮膚科・美容皮膚科・美容外科で受けられます。予約の際は「ボトックス注射を受けたいと思っている」と伝えましょう。  

 

手汗の問題を理解していない医師も多いので、手汗の治療に力を入れている病院をオススメします。適当な病院だと、「精神的な問題だから…」と何もしてくれません。  

 

ボトックス注射のメリット・デメリットまとめ

ボトックス注射のメリット

✅ 手汗を手軽に抑えることができる

✅ 副作用がない(代償性発汗はほとんど出ないようです

✅ メスを入れないから安心

✅ ダウンタイムがなく、普通の生活を送れる

✅ 針の痕は1日程度でなくなり、腫れることもめったにない    

ボトックス注射のデメリット

✅ 費用が高くて大変

✅ 効果は3〜6ヶ月ほど持続するが、治療を継続する必要がある

✅ 治療に痛みを伴う

✅ 妊娠中はできない、うつ病の薬などは併用できない

✅ 治療後1週間は筋肉痛のような違和感を感じることがある    

 

ボトックス注射じゃなくても、手汗は止められます。

手汗を止める制汗剤ファリネいかがでしたか?ボトックス注射には良いところがたくさんある一方で、費用が高いです。お金に余裕がある方には1番良い方法ですが、できるだけ費用は抑えたいハズ。

 

私は、値段が高いこと、注射が怖いことを理由にボトックス注射は受けていません。ですが私は手汗用制汗剤で手汗を止めています。  

 

手汗専用の制汗剤なので、市販の制汗剤とはレベルが違います。しかも、最近は新しいものがどんどん出ているので、自分に合ったものを選ぶことができますよ♪

 

もし、ボトックス注射のデメリットが気になるようでしたら、手汗用制汗剤も選択肢の一つに入れてみてくださいね!

 

【あなたの手汗用制汗剤を探すならコチラ!】

おすすめの手汗用制汗剤ランキング!へ進む