「タバコをやめれば手汗は止まるのかな?」

そんな疑問を持ったことはありませんか?

ここでは、手汗とタバコの関係性の真相を紹介しています。

さっそく調査結果を見てみましょう♪

 

手汗とタバコの関係。

結論から言うと、手汗とタバコには関係性があると言われています。

というのは、手汗は「交感神経」という自律神経が活発になると分泌されるもので、タバコの成分である「ニコチン」は、交感神経を活発にさせる作用があるから。

これだけを見ると、タバコが手汗を増長させる1つの原因と言えるかもしれないですね!

 

「なら、喫煙者で手汗に悩んでいる人は、タバコをやめれば手汗が止まるってこと?」

と思ったかもしれませんが、実際はそんな上手くいくわけではないんです。

 

喫煙と手汗の関係を調べた実験があり、その結果は「喫煙者の方が非喫煙者よりも若干の発汗量の増加がみられたが、優位な差はみられなかった」という結果が出ています。

つまり、この程度の差しかないため、喫煙をやめても手汗が止まるわけではないと考えて良いでしょう。

 

ですが、タバコをやめることで、若干手汗を抑えることはできる可能性もあるので、試してみる価値はありそうですよね!

少しでも手汗を改善したいと思っている方は、禁煙することをオススメします。

しかし、手汗のためにタバコをやめる場合には、注意点があるんです!

 

タバコをやめる時の注意点

「今日からタバコをやめよう!」と決意した場合、注意しなければならないことがあります。

それは、「根性でタバコをやめること」です。

というのは、タバコを吸えないイライラが、手汗のスイッチとなってしまうことがあるためです。

 

なぜかというと、実は手汗は他の部位から出る汗と違い、体温調節のためにあるわけではないから。

手汗は、人間がまだ猿の時代、敵に襲われた時に木から落ちないよう、滑り止めとして手を湿らせることを目的にしたものなんです。

その名残から、緊張している、興奮状態にある、集中している時のような、交感神経が活発な時に手汗は出ます。

 

禁煙中のイライラ状態は興奮状態と同じなので、交感神経が活発となり、逆効果となってしまいます。

これでは元も子もありませんよね?

無理せずに禁煙する方法を探すことが、手汗の量を減らすポイントとなります♪

禁煙外来に通うのも一つの手ですよね!

 

タバコをやめなくても、手汗は簡単に止まる!

タバコをやめなくても、手汗は簡単に止められることをご存知ですか?

タバコを吸いたいイライラを我慢するような苦痛はなく、無理なく手汗を止めることができます♪

1番おすすめの方法は手汗専用の制汗剤を使うこと

なぜかというと、日本皮膚科学会が最初に推奨する治療が「制汗剤」だからです。

効果の高い制汗成分で、手軽に手汗を止めることができます。

実際、現在も病院に行ったら初めに行うのが制汗剤治療なんですよ♪

 

そして、病院で処方される制汗剤と同じ成分を使った制汗剤は、ネットで買うことができます。

病院に何度も通うのは正直面倒だし、同じ治療をするなら、自宅でのんびり治療できた方が効率が良いですよね♪

私はネットで買った制汗剤で、自宅治療をし、1ヶ月で手がサラサラになったんです。

タバコをやめて、手汗が止まるのをギャンブル感覚で待つより、現実的かもしれません♪

 

値段も、病院のように「診察代」がかからないため、制汗剤の方が安くなることも!

私の手汗を止めてくれている制汗剤は、1年分で1万円をきるものです♪

正直、これを知らずに病院に行くのはもったいない!

 

 

ただ、制汗剤ならどれでも手汗を止められるワケではありません!

私は全ての手汗用制汗剤を試しましたが、全く効かないものもあり、お金だけを無駄にしたことが何度もあります。

私のように失敗しないために、「本気で手汗を止めたい!」という方は制汗剤をじっくり選ぶことが大切です!

 

以下の記事では、手汗用制汗剤を全て試した私が、ホントに効果があった制汗剤だけを紹介しています

1ヶ月後、手がサラサラで快適な生活をする予定の方は、制汗剤選びの参考にしてくださいね♪

 

【あなたはどれにする?】

制汗剤で手汗を止めた私が教える、手汗に効く制汗剤おすすめランキング!

※市販のワキ用制汗剤は効果ないので使わないでください。