solo-violinist-619154_640

バイオリンやチェロなどの木製の楽器には、湿気が大敵ですよね?

普段の生活で湿気に気をつけていても、なかなか避けられないのが手汗…。

 

楽器への影響だけでなく、指板が汗で白っぽくなって恥ずかしい思いをしたり、弦がすぐに錆びて他の人よりお金がかかったり、想像している音が出ない…なんてこともありますよね?

 

ここでは、バイオリン・チェロ奏者向けの手汗対策を紹介します!

簡単な手汗対策で、今日からもっと気持ちよく演奏ができるようになりますよ♪

 

バイオリン・チェロを弾く前にやるべき手汗対策

まずは〇〇で手汗を止めよう!

バイオリン・チェロを弾く前に、まずは手汗を止めてあげませんか?

手汗を止める方法で1番簡単なのが「手汗用制汗剤」

 

できれば、演奏する前に5分あれば簡単に手汗が止められる、手軽なものが良いですよね?

最近は、手汗用制汗剤も色々な強みを持ったものがあるんですよ!  例えば以下のようなものがあります。

 

✅ 病院で処方される制汗剤よりも効果が高いもの

✅ 肌荒れしないように徹底的にこだわったもの

✅ 手を洗っても効果が持続するもの

✅ 1日55円程度の費用しかかからないもの

 

特に弦楽器奏者向けは「テサラン」という制汗剤。

1度で簡単に手汗を止めることができちゃいます♪

 

しかも、アイテム自体がとても小さいので、ポーチに入れていつでも手汗を止めることができます。

外出先で使えないものはちょっと不安ですよね?

 

また、「クロルヒドロキシアルミニウム」という肌に優しい制汗成分が使われているので、バイオリン・チェロ奏者にも安心して使ってほしいですね!

 

テサランの他にも、色々な強みを持った手汗用制汗剤があるので、あなたにピッタリのものを見つけてほしいと思います。

塩化アルミニウムを主成分としている制汗剤は、肌への刺激が強いので、注意ですよ!

 

楽器を演奏するときだけでなく、日常生活でも手汗の悩みを解決できるので、1つ気に入ったものを持っておくと良いかもしれません。

以下のページで紹介するものは、十分手汗を止める効果があるものなので、選んでみてくださいね♪

※手汗が滴り落ちるほど重度の場合は、制汗剤では効果がないので注意してください

 

【手汗用制汗剤を探しますか?】

弦楽器奏者におすすめの手汗用制汗剤を探すならコチラ!

 

 

錆びにくい弦に張り替えよう!

violin-1099977_640

弦が手汗のせいで錆びてしまい、張り替える回数が多く、他の人よりもお金がかかって困りますよね?

 

そんな方はステンレス製の弦に張り替えましょう!

ステンレス製のものは錆びにくくできているので、手汗で悩んでいる方にはおすすめです。

 

特に評判の良いステンレス製の弦は「プリム・リサ」というもののようです。

逆に、ガット弦は音が良いと評判ですが、手汗の影響を受けやすいというデメリットがあるため、残念ですが避けたほうが良さそう…。  

 

こちらの方のブログはとても参考になったので、「錆びにくく音の良い弦を知りたい!」という方は確認してみてくださいね♪

錆びにくい弦はコチラ

 

弓の棹には滑らないタイプのニスを塗ってもらおう!

バイオリン弓

意外と厄介なのが、演奏中に手汗で弓の持ち手が滑ってしまうこと。

指先は特に手汗が出やすい部位でもあるので、困りますよね?

 

セロハンなどを貼って手汗対策をするのも良いですが、弓の棹に滑らないタイプのニスを塗ってもらうのが良いそう。

楽器屋さんに相談してみてはいかがでしょうか?

数千円で出来るそうですよ!    

 

バイオリン・チェロ演奏中の手汗対策

ネックを強く握ると手汗が出る!

cello-521172_640

体の反応で、手を強く握ると手汗が出るということが医学的にわかっています。

つい演奏中、無意識にネックを強く握っていませんか?  

少しの意識で手汗の症状が和らぐので、演奏に支障が出ない程度、力を抜いてみましょう!  

 

タオルと〇〇を用意しておく!

towel-860325_640

バイオリン・チェロ奏者の方は、膝の上にタオルを用意していますよね?

原始的ではありますが、手汗が出てしまった時に頼りになるのはやはりタオルです。

 

また、先ほど紹介した手汗用制汗剤を一緒に用意しておくのもオススメ!

タオルで手汗を吸い取ってから、サッと制汗剤を使えば一曲一曲気持ち良く演奏できるはずです!

即効性に優れたものが増えてきているので、確認してくださいね♪ 

 

【手汗用制汗剤を探しますか?】

ヴァイオリン・チェロ奏者向けの手汗用制汗剤はコチラ

 

 

バイオリン・チェロ演奏後の手汗対策

アフターケアは怠らないようにしましょう!

fiddler-935375_640

バイオリン・チェロ奏者のほとんどは、楽器を本当に大事にしている印象が強いので大丈夫だとは思いますが、アフターケアはしっかりやりましょう!  

 

✅ 楽器本体と弓の棹は上質なクロスで拭く

✅ 弦に錆止めスプレーを吹きかける

✅ 涼しくて暗い場所に大切に保管する  

 

アフターケアをしっかりすることで、次も気持ち良く演奏できますよね?

もちろん、松脂を忘れずに拭き、弦や弓の毛も緩めてあげてくださいね!  

 

バイオリン・チェロ奏者に手術は不向き!?

973d1c8895ab71cd16a7276231fb175d_s

手汗を根本的に止める方法として「手術」があります。できれば根本的に治したいですよね?

しかし、手汗が止まる代わりに、背中やモモなど他の場所から大量の汗が出る「代償性発汗」という副作用が残ります。  

 

バイオリン・チェロ奏者(女性)は、ドレスで発表する機会も多いと思います。想像できる通り、代償性発汗は手汗よりも大きな悩みになる可能性が高いため、オススメできません。  

 

ですが、手術と同じように手汗を完治する治療がもう一つあります。

それが「ビューホット」

これなら代償性発汗の心配がありません。

どうしても手汗を完治したい方症状が重い方はこちらがオススメです。  

 

【手汗を完治する方法を探しますか?】

手術と同じ効果!?新しい治療法「ビューホット」とは?  

 

 

バイオリン・チェロの手汗対策まとめ

  • 制汗剤で手汗を止める
  • 錆びにくい弦を使う
  • 弓の棹には滑りにくいニスを塗る
  • ネックを強く握らない
  • タオルを用意する
  • アフターケアを怠らない

 

いかがでしたか?

バイオリン・チェロ奏者はこんな手汗対策をしています。

今日からあなたも試してみてはいかがでしょうか?  

 

また、手汗を止める治療法もいくつか種類があるので、あなたに合ったものを選ぶこともできますよ♪

手汗を本気で止める人のための10の治療法と対策