acoustic-925174_640

ギターやベースを弾いている時に、手汗で嫌な思いをしていませんか?

チョーキングが出来ない、弦がすぐに錆びる、ピックがよく飛ぶ…大事な楽器が汚れるのも嫌ですよね?  

 

ここでは、手汗で悩んでいるギタリスト・ベーシスト向けに、手汗に演奏を邪魔されないための7つの手汗対策を紹介します!

ちょっとの工夫で、驚くほど気持ちよく演奏ができるはずですよ♪

 

ギター・ベースの手汗対策〜準備編〜

〇〇の制汗剤で手汗を止める!

ギター・ベースを演奏する前に、まずは制汗剤を使って、手汗のケアを日常的にやっていきましょう!

1日で手汗の量が劇的に減るわけではありませんが、毎日のケアで手汗が驚くほど出なくなります♪

 

ただ、市販の制汗剤を使っても効果がありません。

実は、手のひらには汗腺が他の部位より数倍多く存在するので、市販のワキ用の制汗剤では歯が立たないんです…。

そのため、しっかりと手汗に効果がある制汗剤を使い、徐々に手汗を減らしていく必要があります。

 

最近は、手汗専用の制汗剤がいくつも販売されているので、手汗用制汗剤で手汗を止めてしまいましょう♪

手汗専用なので、しっかり手汗を止めてくれますし、気になった時にいつでも使うこともできるので、ギター・ベースの練習前や、ライブ前にも対策できるので安心ですよね!

 

値段は3,000円代からですが、1本で3ヶ月分のものもあるので1ヶ月1,000円ちょっと!

「手汗のせいで、弦をしょっちゅう張り変えている」という方は、手汗が出ないことで弦交換の間隔が長くなり、お金と弦を張り替える時間を節約できそうですよね♪

おまけに、日常生活でも手汗の悩みがなくなるので一石三鳥です!

いや、気持ちよく演奏できるようになることを考えると一石四鳥!?

 

「手汗を止めたいな…」と少しでも思った方は、まず初めに手汗用制汗剤を試すのがおすすめです♪

私も手汗がすごいので手汗用制汗剤を使っていて、1番効果が高いと感じたのが「テサラン」という制汗剤!

色々な種類があるので、以下のページから手汗用制汗剤をチェックして、あなたに合うものを選んでみてくださいね♪

 

【手汗用制汗剤はこちらから探せます♪】

厳選!ホントに効果があった手汗用制汗剤ランキング

 

【テサランが気になった方はコチラ!】

テサランの公式ページはここをクリック♪

 

コーティング弦を使おう♪

musician-349790_640

弦が錆びると、音が悪くなったり、張り替えに時間がかかるし、大切な指先を切る恐れも!

手汗に悩むギタリスト・ベーシストには特に、さびにくいコーティング弦がおすすめです♪

具体的には、エリクサーやダダリオ、アーニーボールなどの弦がさびにくいと評判ですよ!

ものによっては、通常の弦より3~5倍長持ちするものも♪

以下のサイトで詳しく紹介されていたので、参考にしてみてください!

 

ギター・ベースのコーティング弦をまとめてみた

 

ピックは滑り止めのついたものを使う!

guitar-1063083_640

ギター・ベースをピックで弾く人は、必ず滑り止めのついたピックを使いましょう!

滑り止めが付いているだけで、ピックが飛んで行く回数は本当に減ります。    

演奏中に、ピックがくるくる回るのも防いでくれますしね♪

また、ピックをヤスリで削って、滑り止めにしている方もいるようですよ!

 

ギター・ベースの手汗対策〜演奏時編〜

ネックを強く握らない

guitarist-1031087_640

ギター・ベースの演奏中、ネックを強く握っていませんか?

実は、手を強く握りすぎると、体の反射で手汗が出てしまいます

これは、医学的にも証明されていて、ギター・ベースの演奏も例外ではありません。

少しネックを握る力加減を意識するだけで、手汗が気にならなくなるかも♪

試してみてくださいね!

 

演奏の合間にツボを刺激してみよう!

「手の水分量を調節してくれるツボ」があるのをご存知でしょうか?

それが、手のひらの真ん中にある「労宮(ろうきゅう)」と、手の甲の親指と人差し指の間にある「合谷(ごうこく)」というツボなんです♪

 

実際は、手の水分量を調節するわけではなく、ツボを押すことでリラックスでき、手汗を出にくくしてくれます。

手汗は、緊張している状態や、興奮している状態の時に大量に分泌されるので、リラックスした状態を維持することはとても大切。

ライブ中などはすごく興奮していると思うので、大きな効果は期待できませんが、「少し落ち着く」くらいの感覚で実践してほしいですね!

 

手汗を止めるツボの詳細はこちら♪

 

タオルを用意しておこう!

towel-860325_640

意外と見落としがちなのが、タオルを用意すること!

使い方は単純に手を拭くだけなのですが、ライブのステージや練習スタジオなどでいつでも手汗を拭けるのでとても重宝します♪

何度も手を洗いに行くのは面倒なので、タオルは必ず用意しておきましょうね!

リストバンドをつけるというのも、かっこいいし良い手だと思います!

 

ギター・ベースの手汗対策〜演奏後編〜

演奏後の錆止めは忘れずに!

man-1055321_640

当たり前のことですが、ギター・ベースを弾き終わったら、しっかりとアフターケアをしましょう。

面倒くさがると、あとで後悔してしまいますよね…。

弦・ボディをクロスでしっかりと拭いて、錆止めスプレーも吹きかけてあげてください。  

使い終わったら、ギターを立てかけるのではなく、ケースにしまってあげるのも重要です。

大切に扱ってあげることで、ギター・ベースをきれいに保てて、次からの演奏もきっと気持ちいいものになるはずですよ♪

 

【まずは手汗用制汗剤を試すことがおすすめです♪】

厳選!ホントに効果があった手汗用制汗剤ランキング

 

 

ギター・ベースの手汗対策まとめ

  • 手汗用制汗剤を使う
  • 錆びにくいコーティング弦を使う
  • 滑り止めのついたピックを使う
  • 演奏中は手を強く握らない
  • リラックスできるツボを押す
  • タオルを用意する
  • 演奏後のアフターケアを徹底する

 

  いかがでしたか?

弦楽器に手汗は大敵で、みんな結構いろいろな対策をしているみたいですね!

あなたも今日から簡単な手汗対策を実践して、 ギター・ベースをもっと楽しんじゃおう!